アメリカ東部デモ衝突後のトランプ会見、「白人主義も非難」=政府

Home » 海外 » アメリカ東部デモ衝突後のトランプ会見、「白人主義も非難」=政府
海外 コメントはまだありません



米東部で12日、白人至上主義のデモとこれに抗議する集団の間で衝突が起きた問題で、ホワイトハウスはトランプ大統領が会見で批判した対象には「クー・クラックス・クラン(KKK)」などの白人至上主義団体も含まれると釈明した。

バージニア州シャーロッツビルでの衝突では抗議する集団に自動車が突入するなどで32歳の女性が死亡、19人が負傷し、5人が重体に。別の衝突では催涙スプレーが使用され、15人が負傷した。

トランプ大統領は会見で「われわれは可能な限り強い言葉で、この日の多方面における敵対感情、憎悪、暴力を非難する」と述べた。

だが野党民主党だけでなく共和党からも、今回の衝突に対しトランプ大統領が会見を行うのが遅れた上、白人至上主義を非難しなかったとの批判が噴出した。

これに対しホワイトハウスは13日、記者団に電子メールを送付。「大統領は声明で、あらゆる形での暴力、敵対感情、憎悪を強く非難した。これには無論、白人至上主義、KKK、ネオナチなどあらゆる過激派集団が含まれる。大統領は国民の結束を呼び掛けた」と説明した。大統領はこの時、所有するニュージャージー州のゴルフ場におり、メールの差出人は「ホワイトハウス報道官」となっている。

シャーロッツビルのシグナー市長(民主党)はCNNで大統領を批判。「何度も言及すべき言葉がある。それは自国民によるテロと、白人至上主義。今週末にわれわれが目撃したものだ」と述べた。

[シャーロッツビル(米バージニア州) 13日 ロイター]

120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2017トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます





コメントを残す