【材料】インターワークスのフィスコ二期業績予想 – 株探ニュース

Home » 有効求人倍率 » 【材料】インターワークスのフィスコ二期業績予想 – 株探ニュース
有効求人倍率 コメントはまだありません

市場ニュース

戻る

2017年08月12日13時45分

【材料】インターワークス<6032>のフィスコ二期業績予想

インタワクス 【日足】
多機能チャートへ
インタワクス 【日中足】


※この業績予想は2017年8月5日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

インターワークス<6032>

3ヶ月後
予想株価
1,100円

工場勤務者特化型の求人サイト「工場WORKS」を運営。求人広告サイトや企業向けに人材の紹介・採用支援などを展開。18.3期1Qは、採用遅れでコンサルタント確保ができずに営業減益。通期では連続営業増益計画。

有効求人倍率が43年4か月ぶり高水準を記録し、事業機会拡大。収益効率の高い新卒採用支援をロボティック・プロセス・オートメーションで運用し、高収益化。取引社数増加。株価急落で底打ち感台頭。リバウンド局面か。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3連/F予/4,600/950/950/640/66.10/30.00
19.3連/F予/4,900/1,150/1,150/900/93.10/32.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2017/08/05
執筆者:YT

《FA》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

コメントを残す