確定年金と終身年金の違いと選び方

Home » マネー » 確定年金と終身年金の違いと選び方
マネー コメントはまだありません



個人年金保険における年金の受け取り方

「確定年金」「終身年金」と聞いて、どんな年金の種類を思い浮かべますか? この2つは、個人年金保険における年金の受け取り方を表しています。それぞれのメリットとデメリット、選び方のポイントをお話ししましょう。

確定年金は積み立てた保険料+αを確実に受け取れる

年金が受け取れるのは、確定年金は一定期間、終身年金は死亡するまで

年金が受け取れるのは、確定年金は一定期間、終身年金は死亡するまで

確定年金は、年金を受け取れる期間が一定期間(5年・10年・15年など)と「確定」していることから、こう呼ばれています。年金を受け取っている間に死亡すると、遺族が、残りの期間に対応する年金または一時金を受け取れます。つまり、積み立てた保険料を上回る年金を確実に受け取れるということです。

利用法はいくつかあります。例えば60歳から65歳までの5年間を受取期間にして、公的年金が少ない、あるいはもらえない期間の生活費の一部にする方法。受取期間を10年または15年にして、65歳から70歳(または75歳)までの公的年金を補う利用法も考えられます。また、70歳までは仕事で収入が得られるでしょうから、受け取りは70歳から10年(または15年)にしてセカンドライフの後半の年金を厚くする利用方法も。

確定年金のデメリットは、受取期間が過ぎると年金が途切れてしまうこと。ですが、保険料はこれから説明する終身年金よりは安くなります。

終身年金は確定年金に比べてモトを取りにくい

終身年金は、年金受取をスタートしてから死亡するまで年金が受け取れることから、こう呼ばれています。

年金受取スタート直後に死亡してしまうと、全くの「掛け損」になってしまうことから、保証期間(10年が多い)が設けられているのが一般的です。これを保証期間付終身年金と呼びます。保証期間中に死亡してしまうと、残りの保証期間に対応する年金または一時金は、遺族が受け取ることになります。保証期間が過ぎた後に死亡した場合は、遺族も年金または一時金を受け取ることはできません。

メリットは死亡するまで一生涯にわたって、公的年金にプラスして年金が受け取れること。ですが、保険料は確定年金に比べて、相当高くなります。また、モト(元本)取るには20年以上かかります。次ページで詳しいシミュレーションをしているので、ご覧ください。

確定年金、終身年金のどちらを選ぶべき?続きは次ページで>>>





コメントを残す