「中国に技術とられたらえらいこと」 日本電産・永守氏が大学経営に乗り出すワケ

Home » 経営・ビジネス » 「中国に技術とられたらえらいこと」 日本電産・永守氏が大学経営に乗り出すワケ
経営・ビジネス コメントはまだありません



 かつて「元日の午前以外は休まない」と言いながら、最近は「モーレツの看板はもうあらへん。2020年には残業ゼロにする」と大転換して世間を驚かせたモーター製造最大手・日本電産(京都市)の創業者、永守重信会長兼社長が、また“名言”をぶち上げた。いわく「(財産を)全部使って、あの世やな」。3月、京都学園大などを運営する学校法人京都学園(同市)の運営に100億円以上の個人資金を投入する意向を表明したときの発言だ。翌月には、京都大に2億円以上を寄付して寄付講座を開設したことも発表した。「中国に技術とられたら、えらいことや」。同社をベンチャーから大企業へ育てた名物経営者の脳裏には、台頭する隣国に負けないように、ロボットやドローンなどの動力源となるモーターの技術者を育成するビジョンがあるようだ。(西川博明)

 「子供には財残さん」

 3月30日、永守氏が京都学園大などを運営する学校法人京都学園(同市)の理事長に来春以降に就任することになり、その基本合意書の調印が行われた。その席上、100億円以上の個人資金の投入を公表。その後の報道陣の取材に対し、こう述べたのだ。

 「子供には財を残さんことや。(財産を)全部使って、あの世やな。(子供は)自分でカネ稼げと」

“第二の人生”は人材教育に





コメントを残す