都内から続々移住、築50年郊外団地のヒミツ(東洋経済オンライン)

Home » 社会 » 都内から続々移住、築50年郊外団地のヒミツ(東洋経済オンライン)
社会, 経営・ビジネス コメントはまだありません



東京郊外の衰退が止まらない。かつて都心へ通勤するサラリーマン家庭のベッドタウンとして開発された都心から30~50km圏の郊外住宅地。現在、ここで人口減少が起きている。30~40代の“郊外2世”たちが、長い通勤時間を嫌い、よりよい子育て環境を求めて、当該地域から流出しているのだ。
郊外は、このまま高齢化による人口純減で“墓場”になってしまうのか。郊外に再び若者を呼び戻すための策はあるのだろうか。
郊外をよみがえらせるための1つのヒントになりそうなのが、建築家の大島芳彦氏が手掛ける、東京や神奈川の郊外住宅地の再生だ。郊外を若者たちからも「選ばれる街」にするための方法とは。

この記事の写真を見る

『東京は郊外から消えていく!』『東京郊外の生存競争が始まった!』などの著書を持ち、郊外に詳しい三浦展氏が、大島氏に話を聞いた。

■成城から座間に転居? !  人気の「ホシノタニ団地」

 三浦:先日、大島さんの建築事務所、ブルースタジオが手掛けた座間(神奈川県座間市)の「ホシノタニ団地」に取材に行かせてもらいました。若い人がけっこう東京23区内から引っ越してきたとか。

 大島:昭和40年代に建築され、老朽化した小田急電鉄の社宅をスケルトンにして耐震補強し、リノベーション。37㎡の1LDKで7万円台。1階ならば庭付きで9万5000円の賃貸住宅にしました。

 かつて殺風景な駐車場だった所は、菜園や子どもが遊べる築山にして、ドックランもあります。ある棟の1階には子育て支援施設が入っていたり、金・土は夜10時まで空いている農家カフェもできました。

 おかげさまで、竣工から約3カ月後には満室になったんですよ。

 郊外から都心へ人口が流出しているといわれますが、ホシノタニ団地の場合は、世田谷区など東京23区内から引っ越してきた人が、入居者全体の半分くらいはいました。

 三浦:何がよかったんでしょう。

 大島:座間駅は、急行は止まらず、知名度は低い。小田急電鉄さんによれば、都心から50分という位置にありながら、沿線の家賃相場は比較的安いと聞いています。これを今後、選ばれる街にするにはどうするかと考えたときに、「子どもたち」というコンセプトにフォーカスしようと思いました。

 やっぱり、(1室の広さが)37㎡だったことがよかったと思っているんです。この広さだと、家族では住めないけれど、2人暮らしのカップルにちょうどいい。しかも、駅前立地で7万~9万円台。すると、共働き夫婦にとっては、なかなかいい条件のはず。

【関連記事】



コメントを残す