次なる「政治的ショック」は英国で起きる(東洋経済オンライン)

Home » 経営・ビジネス » 次なる「政治的ショック」は英国で起きる(東洋経済オンライン)
経営・ビジネス コメントはまだありません

 われわれが生きているのは政治的な戦国時代である。生まれて1年経つか経たないかという新党がフランスと東京都の選挙で勝利した。米国のホワイトハウスには新参者が居座っている。次なる政治的ショックはどこで起きるのか。答えは、英国である。

 英国はEU(欧州連合)離脱の混乱に直面しているにもかかわらず、既存政党の再編を口にする者はいない。ブレア元首相は、労働党を親欧州的な中道路線に刷新し、3度の総選挙で勝利をもたらした人物だが、「新党の必要性を主張しているわけではない」と、慎重な姿勢を崩さない。

■政界再編の機運が高まっている

 だが、ブレア氏のような人たちが、まさに政界再編を訴えるべきなのだ。なにしろ過去40年で、今ほどその機運が高まっているときはない。EU離脱を決めた昨年6月の国民投票、そして与党保守党が議席減の屈辱を味わった今年6月の総選挙という2度の政治的ショックの余波に、英国政治は今も揺れている。新党が躍進するチャンスが、そこにある。

 もちろん、小選挙区制は既存政党にとって大きなアドバンテージだ。新党は巨額の資金と労力を投じ、相当数の票を獲得できたとしても、支持者が全国に広く散らばりすぎていて、一握りの議席を獲得するのが精いっぱいだと知ることになるかもしれない。

 これこそ、かつて新たな中道政党が戦いを挑んだときに起きたことだ。1980年代初頭、左派陣営が力を持ち、反欧州色を強める労働党から重鎮4人が離党し、社会民主党(SDP)を立ち上げた。自由党と選挙協力を行ったSDPは、不人気だった初期サッチャー政権の経済政策に助けられ、1983年の総選挙で25%の票を獲得した。だが、得られたのはわずか23議席。後は凋落の一途をたどったのだ。

 これは政界刷新の希望をくじく記憶だ。労働党には、大衆的人気を誇るコービン党首の社会主義的な経済・外交政策に懐疑的な議員が多いが、彼らは主導権を奪い返すチャンスが巡ってくるのを待つのが賢い戦略だと信じている。EU離脱が英国を破滅に導くと考える保守党議員も、同じである。

【関連記事】

コメントを残す