人気爆発の「ハンドスピナー」、異業種も参入する事態 期待高まる一方、危険も…

Home » ビジネス経済 » 人気爆発の「ハンドスピナー」、異業種も参入する事態 期待高まる一方、危険も…
ビジネス経済, メーカー コメントはまだありません

 指で回転させて遊ぶ「ハンドスピナー」。爆発的な人気の高まりを受け、玩具メーカーのほか機械部品メーカーといった異業種も参入し始めた。1000円台が主流だが、高性能品は1万円を超える。暇つぶしのおもちゃのように見えて、実はリハビリテーションに有効ともされ、業界の枠を超え盛り上がりを見せている。(産経新聞社 板東和正)

空前のブーム

 「こんな素朴な玩具が…」。今年6月に東京ビッグサイト(東京)で開催された国内最大級の玩具見本市「東京おもちゃショー2017」で関係者を驚かせたのが、ハンドスピナー人気だ。仮想現実(VR)など最新技術を取り入れた新製品がひしめく中、ハンドスピナーのブースの行列は途切れなかった。

 ハンドスピナーは、手裏剣のような本体の中心を指でつまみ、羽根の部分を弾くと、シューッと音を立てて回転する。中には動きをなめらかにするベアリングが仕込まれていて、しばらく回り続ける。ただそれだけのものだ。

 昨年末に米国の経済誌などで「オフィスで使える玩具」として紹介され一躍有名に。ストレス解消や考え事をするときに回すと集中できる、という触れ込みで人気を集めた。

 日本でも、バンダイナムコグループの玩具メーカー「メガハウス」(東京)が今年6月、「フィンガースピナー」(希望小売価格・税抜き1500円)という商品名で発売した。千円前後の玩具の場合、年間10万個売れれば大ヒット商品とされる。それを「十分に狙えるペースで売れている」(同社担当者)という。

一度手にしたら離せない中毒性

コメントを残す