新規不動産への融資、4~6月期は36%減の2兆3954億円

Home » 経営・ビジネス » 新規不動産への融資、4~6月期は36%減の2兆3954億円
経営・ビジネス, 金融 コメントはまだありません



 日銀が10日発表した2017年4~6月期の「貸出先別貸出金」によると、全国の銀行が不動産業へ新たに貸し出した設備資金が前期比36.7%減の2兆3954億円だった。アパートローンなどの「個人による貸家業」も32.6%減の7171億円。信用金庫による不動産業向けは18.6%減の5827億円だった。日銀のマイナス金利政策による住宅ローン金利の低下で拡大を続けてきた不動産関連融資に一服感が出てきた。一方で、過剰な貸し付けが問題視されている銀行カードローンは17年6月末時点の貸出残高が3月末比1.4%増の5兆6793億円。消費者金融など貸金業者は年収の3分の1以下しか貸せない「総量規制」があるが、銀行は上限が設けられていない。





コメントを残す