岡本工作機械、全自動研削「MUJIN」公開 作業時間削減と工程単純化

Home » ビジネス経済 » 岡本工作機械、全自動研削「MUJIN」公開 作業時間削減と工程単純化
ビジネス経済, 中小企業 コメントはまだありません

 研削盤大手の岡本工作機械製作所は、取引先向けの工場公開と自社製品展示会「オープンハウス2017」を群馬県安中市の本社工場で開き、メーカーの生産担当者ら約1600人が参加した。

 会場では昨年の日本国際工作機械見本市(JIMTOF2016)に出展した全自動研削システム「MUJIN(ムジン)」を実演紹介。あらかじめ本体のタッチパネルで材料の硬さなどを設定し、ボタンを押すだけでチャック(加工台)に置かれたワーク(加工対象物)を自動で検知し、最適な条件で研削。産業用ロボットが加工後のワークの取り出しも自動で行い、作業時間の大幅な削減と工程の単純化が図れる。

 さらにファナックの工場向けIoT(モノのインターネット)基盤との連携により遠隔で稼働状況なども把握できるという。

 実演展示には外国人を含めて多くの人が足を止め、興味深そうに見ていた。

コメントを残す