Category : ファッション

Home » Archive by category : ファッション

来年、創立200年を迎える老舗ブランド「ブルックス ブラザーズ」が、200周年を記念したスペシャルサイトを開設。1818年にニューヨークで産声を上げてから今日まで、アメリカン・クラシック・スタイルを牽引してきたブルックス ..

Read more

ファッションEC(電子商取引)サイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイ は22日、採寸用ボディースーツ「ZOZOSUIT」を無料配布(送料200円)すると発表した。伸縮センサーを内蔵しており、着用してスマート ..

Read more

仏ケリング傘下のイタリア高級ブランド、グッチは来年以降、製品における毛皮の使用を廃止する。 動物愛護活動家からの圧力や消費者の好みの変化を受け同様の対応をとるファッションブランドが増えていることに追随する。 グッチのビッ ..

Read more

1847年の創業以来、王族や文士をはじめとする多くの紳士たちを魅了してきた「カルティエ」。名作といえば、フランスの芸術家ジャン・コクトーが小指につけていた3連リング「トリニティ ドゥ カルティエ」、創業者のルイ・カルティ ..

Read more

ここ1年、アメリカの有名ファッションブランドには立て続けに異変が起こっています。 2016年末には、カジュアルウエアブランド「アメリカンアパレル(American Apparel)」が破産保護を申告し、世界中に110ある ..

Read more

<権威あるベストドレッサー賞に輝いたのは、現職じゃなくてオバマ前大統領夫妻> 米エンターテインメント誌『バニティ・フェア』が発表した、「世界のベストドレッサーリスト2017」に、バラク・オバマ前米大統領とミシェル夫人がラ ..

Read more

掲載商品 17/67/DS ネイビー×ネイビーアイコンとなるフロントのFLAPは定番のバケッタレザーを使用。立体感のあるデザインで、質感を際立たせている。あえてナイロン地とレザー部分にネイビーの同色を配し、よりフォーマル ..

Read more

<シンプルで上質なライフスタイルを表現する、ハウエル独自の美学の背景には日本との深い関係があった> 今から40年前、マーガレット・ハウエルはロンドンのサウス・モルトン・ストリートに、自身の名前を冠した最初のショップを開い ..

Read more

<先頃、公務から引退したエリザベス女王の夫フィリップ殿下。英国紳士らしい装いが評判だが、その背景には外国王家出身ゆえの苦労があった> 英王室のエリザベス女王が52年に即位して以来、妻を支えてきたエディンバラ公フィリップ殿 ..

Read more

米ファッション・ブランドのマイケル・コースは、英高級靴ブランドのジミー・チュウを12億ドル(約1340億円)で買収することで合意した。 ジミー・チュウは1990年代にロンドンのイーストエンドで創業され、故ダイアナ妃を含む ..

Read more